大阪市の不動産の名義変更なら小林宏道司法書士事務所
HOME>相続

相続

相続・名義変更はお早めに

相続の名義変更には「いつまでにかならずやらなければならない」という明確な期限はないです。それがゆえに長い間何もせずに、後々になって発生するケースが多々あります。

相続手続きの流れ
1 いったい誰が相続人なのか調査します 古い戸籍や旧民法の規定に精通していないと困難な場合があります。司法書士は戸籍のプロでもありますので、お任せください。遠方の戸籍調査もお受けいたします。戸籍をたどって相続人をすべて確定させます。
2 亡くなられた方の財産がどれだけあったか確認します 資産家の方は、遺産相続にかかる相続税が心配です。当事務所では税理士法人と提携しており、相続税が発生する恐れのあるときは、税理士さんをご紹介いたします。亡くなった方の借金が多額な場合は、借金も相続されてしまいます。そんなときは、「相続放棄」をお勧めします。当事務所は相続放棄についても経験豊富です。お問合せください。
3 遺言の有無を確認します 遺言は亡くなられた方の最後のメッセージです。大切にしてください。遺言には、主に公正証書遺言、秘密証書遺言、自筆遺言の3種類があります。当事務所では遺言作成についての御依頼もお受けいたします。それぞれ特徴がありますので、お気軽にご相談ください。
4 遺産分割協議をします 相続人全員で行わないと遺産分割協議は成立しません。後日の紛争を予防することから、しっかりした相続調査が必要です。
5 不動産については相続登記申請に申告します 相続が何代にも渡ってしまうと、遺産分割協議が行われていたとしても、登記申請が非常に困難になる場合があります。相続登記はなるべく早めにされることをお勧めします。
6 相続税が発生する場合は税務署に申告します これぐらいだったら・・・。との油断は禁物です。